筋トレ×ミニマリスト=アーリーリタイア

筋トレと貯金でアーリーリタイアを目指す20代サラリーマンのブログ

【ミニマリスト部屋公開】全国転勤し続けた私がたどり着いた一人暮らし部屋

 筋トレ×ミニマルライフで脱サラ(ジム経営)を目指しているサラリーマンのゴリラ小関です。

 

今回は一人暮らし時代の今までの部屋を公開します。(今は妻がいるためなかなか部屋の写真が撮れません笑)

私がミニマリストになった理由

仕事が全国転勤でしょっちゅう引っ越しをするため、モノを減らさないと引っ越しが大変すぎたからです。

 

学生時代はマンガ本やCD、DVD、ゲーム、洋服等、荷物が多かった方でした。しかし、社会人になると、それらをわざわざ引っ張り出す機会も少なくなったため引っ越しを機に生活に必要なモノ以外はすべて処分してしまいました。

 

結果、意外にも捨てて後悔したものがなかったため、現在もムダなモノは持たないスタイルに落ち着いています。

ミニマリスト部屋3カ所公開 

それでは早速、私が今まで一人暮らしをしてきた部屋を公開します。

 【1カ所目】

f:id:gorillakozeki:20190127183843j:image

 社会人最初の部屋です。仕事で精一杯で学生時代に集めた娯楽品を全て捨てて仕事に打ち込んでいました。壁のチーターが癒しの部屋です。

 

 【2カ所目】
f:id:gorillakozeki:20190127183838j:image

あまり変わっていませんが、「大きめの観葉植物」と「間接照明」が無くなりました。

ペットのチーターは虎になりました。

 

 【3カ所目】

f:id:gorillakozeki:20190127184017j:image

 3回目の引っ越しを経て「テレビ台」と「カーペット」が必要ないことに気づき捨てました。虎は必要です。テレビは小型のサイドテーブルに置く事にしました。

 

本、DVDの類はこのサイドテーブルに収まる量しか保持しないようにしています。

以上、全国転勤の私が一人暮らしをしてきた部屋でした。

 

必要なモノを減らしてきた感想

自分が使っていて心地の良いもの、必要なモノだけを残すと、掃除・片付けも楽ですし、気持ちがよいです。

 

また、必要なモノを「探す」という作業が発生しないため、時間を有効に使えますし、物を無くしにくいです。

 

また、使っていないもので場所を取らないので部屋が広く使え、6畳の1Kとかで十分になるので非常にコスパが良いです。

 

シンプルな部屋は自分にとって気持ちが良いためこれからも必要なモノ以外は減らしていくスタイルで行きます。

 

部屋をシンプルにしたい人に向けて

今回の部屋はあくまで自分の場合の例です。

 

人によって必要なモノは異なりますので、自分が必要なモノはあえて捨てる必要も無いと思います。(自分の場合見る人から見たら不要品であるダンベルを大切に持っています。)

 

ただ、部屋を整理してみると意外に使っていないモノ、ありませんか?

ミニマリストの第一歩は、まずは「自分が必要ないモノ」を処分するというステップから始めると良いと思います。

 

例えば

・読んでいない本

・使っていないCD、DVD

・滅多に着ない服

・何に使うか分からない置物

・ほとんど使わないソファ

 

こんなものを減らすだけでも結構変わると思います。今回の記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

 

本日もありがとうございました。