筋トレ×ミニマリストブログ

元ガリガリ男の筋トレ・ミニマルライフ

ミニマリストとは?何もない部屋に住むことは本質じゃない!

f:id:gorillakozeki:20210228174725j:plain


 

こんにちは。ゴリラ小関です。

 

今回はこのブログのテーマでもある「ミニマリスト」とは何かについて、改めて整理したいと思います。

 

ミニマリストというと、

 

●物をほとんど持っていない

●何もない不便な部屋で暮らしている

 

このようなイメージを持っている方もいるかもしれません。

 

しかし、ミニマリストの本質は「ものを減らすこと」ではないのです。

 

ミニマリストの本質は「自分にとって本当に必要なものだけで暮らすことで、人生をより良くしていく」ことです。

 

この記事を読むと分かること

●ミニマリストとは何か。本質が分かる

●物を減らし生活を豊かにする方法が分かる

●物を捨てる基準が分かる

 

この記事は約3分で読めます。

 

 

ミニマリストとは

f:id:gorillakozeki:20210228174913j:plain

簡単に言うとミニマリストとは自分にとって「必要な最小限のもので暮らし、豊かに生きることを目指す人」のことを言います。

 

ミニマリストの定義は以下の説明が分かりやすいです。

 

「持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人。自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方で、大量生産・大量消費の現代社会において、新しく生まれたライフスタイルである。「最小限の」という意味のミニマル(minimal)から派生した造語。 」

 

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

(原田英美 ライター/2015年)

 

 

ちょっと分かりづらいかもしれないので、1つ例を上げてみましょう。

 

Aさんは洋服を100着持っています。

でも実際は全然着ない洋服も沢山あって、クローゼットがゴチャゴチャ。

毎日クローゼットでコーディネートを悩んではイライラしています。

「合せる服がない!また買わなきゃ。お金がいくらあっても足りない!」

 

Bさんはミニマリスト。洋服を20着しか持っていません。

でも全部大好きな服。毎日お気に入りの服で、気持ち良く出かけています。

お金も自分の好きなことに使えます。

 

本当に豊かな生活をしているのはどちらでしょうか。 

 

ミニマリストの本質

f:id:gorillakozeki:20210228182137j:plain

先ほどの話で少しミニマリストというものが見えてきたと思います。

 

もう少し深掘りしてミニマリストの本質を考えてみましょう。

 

ミニマリストの定義にあった「豊かに生きる」というところがポイント。

 

自分にとって不要な物を手放すと、「時間」「お金」「思考」等を、本当に自分がやりたいことに注力することができます。

 

それが結果的に「豊かな生き方」につながります。

 

例えば

 

●必要ない服を買うより、自分がやりたい趣味の費用に。

●必要ない物で溢れた部屋の片付けの時間を、子供と遊ぶ時間に。

 

この考え方はモノだけじゃなく行動にも当てはまります。

 

●気乗りしない同僚との飲み会に参加するのを辞めて、本当に仲の良い友人と食事に。

 

こんなふうに自分にとって不要なものを排除することで、自分が本当にやりたいことに注力できる。

 

これがミニマリストの目的であり、本質です。

 

ミニマリストの形は人それぞれ

f:id:gorillakozeki:20210228175426j:plain

ちなみに、人にとって不要な物でも自分にとって必要なものはあります。

 

例えば

●布団でも熟睡できる人はベッドが不要。

●ベットあった方が熟睡できる人はベッドが必要。

 

「ミニマリストになるから寝袋で寝るんだ!」と形にこだわって熟睡できなければ、生活を豊かにすることにはつながらず、全く意味がありません。

 

●洋服が大好きな人は、服が沢山必要。

●「ダサくなければいい」くらいの人は、そんなに服はいらない。

 

有名ミニマリストの真似をして、

「服は何着以内にしなきゃ、ベッドを捨てなきゃ、テレビを捨てなきゃ」これは本末転倒。

 

必要最小限とはあくまで自分にとってのこと。

 

必要なものは人それぞれ。

 

 

自分も服は15着程度しか持っていませんが、15着という数に限定している訳ではありません。

 

必要な物だけを残したら結果15着になっただけ。

不要なものが出てきたら手放しますし、必要なものがあれば買います。

 

www.minimalgorilla.com

 

捨てる捨てないの基準

f:id:gorillakozeki:20210228175527j:plain

今までの話を踏まえると、捨てる捨てないの基準は至極シンプル。

 

「自分にとって必要か。それ以外か。」

 ん、どっかで聞いたことがあるぞ。

 

 

自分が物を捨てる基準は

 

●無くなったら困るか?

●持っていると生活が豊かになるか?

●持っていると嬉しいか?

 

こんな感じで判断してます。

 

ちなみに手放すものは人それぞれですが、参考までに自分に必要なかったものを紹介します。

 

繰り返しになりますが、私にとって必要ないから捨てたのであって、真似して無理して捨てなくてOKです。

 

筆者が手放したもの

●テレビ、テレビ台

●着る頻度の低い服

●ソファ、ローテーブル

●絨毯カーペット類

●多すぎる雑貨

●収納家具

●CD、DVD、本

  

 

www.minimalgorilla.com

 

 

以上、今回は「ミニマリストとは?」というテーマで記事を書いてみました。

 

若干、真面目すぎる記事になってしまいましたが笑

 

自分にとって

 

「何が必要なのか。不要なのか。」

 

「必要ないもののせいで自分の生活が侵食されていないか」

 

考えるきっかけになれば幸いです!